離婚で後悔しないための慰謝料とは?

離婚の慰謝料とは、離婚が原因で起こる精神的な苦痛に対して支払われる損害賠償金のことです。慰謝料は離婚するときに、必ず支払わなければならないと決められているわけではありません。性格の不一致や相手の親族との不仲、価値観や宗教観の違いなどの理由で離婚する場合は、どちらか片方が一方的に悪いとは言えない事例が大半ですから、慰謝料は発生しないのが一般的です。しかし、一刻でも早く別れたい場合など、手切れ金としていくらかのお金が支払われるケースもあります。

慰謝料の請求ができるのは、例えば次のようなケースです。相手の浮気、暴力行為、悪意の遺棄、セックスレスなどです。悪意の遺棄とは、ある日突然家を出ていって帰らなくなった、ギャンブルにのめり込んで生活費を渡さない、家に入れてくれないなど、相手が被害にあうことを知ってながら、そのまま放置しておくことをいいます。これらの理由はほんの一例です。この他にも慰謝料が請求できるケースはたくさんあります。

それでは慰謝料はいくらくらい請求できるのでしょうか。離婚時の慰謝料の金額は決まっていないので、ケースバイケースです。離婚の原因や結婚していた期間、請求側のけがや精神的なダメージ、お互いの経済力など、数多くの要素を考え合わせて慰謝料の金額が決められます。

相場は100万円~300万円ですが、これよりも低額になる場合もありますし、中には500万円などの高額の慰謝料が請求されるケースもあります。

慰謝料をきちんと支払ってもらうためには、第三者が客観的な被害状況を判断できるように具体的な説明をすることが必要です。また、暴力を振るわれてけがをした場合や、精神的な苦痛でうつ病などの病気になった場合は、お医者さんに診断書を必ず書いてもらいましょう。大切な証拠となります。