不倫相手から慰謝料を請求するには?

夫(または妻)の不倫が発覚した場合、その不倫相手に慰謝料を請求できます。不倫相手が夫婦の婚姻関係を壊したとする「婚姻侵害」の対象となるからです。

不倫で慰謝料を請求する場合の相場は、10万円~500万円と言われています。仮に、夫(または妻)の不倫が原因で精神的苦痛を受けたとして請求する慰謝料が、200万円だったとします。この場合、不倫相手に200万円全額を請求することもできますし、夫(または妻)に50万円を請求し、不倫相手には150万円を請求することも可能です。つまり、合計200万円までなら、どちらに請求してもかまわないのです。両方に請求する場合はその割合は自由ですが、慰謝料として同意を得た200万円をこえて請求することはできないので、注意が必要です。

しかし場合によっては、不倫相手や夫(または妻)に慰謝料を請求できないケースもあります。それは、すでに別居をしているなど、夫婦関係が破綻していた場合。そして浮気をする前に、夫婦関係が破綻している証拠を不倫相手に知らせていた場合などです。また、浮気はしたけれど離婚にまでは至らなかったという場合は、慰謝料の額が少なくなる傾向があります。

不倫相手への慰謝料の請求では、夫(または妻)と不倫相手の間に肉体関係があったという証拠がある方が有利です。しかし、密室での関係が多いので証拠をつかむのは難しいでしょう。特に裁判を起こす場合は、証拠がないと相手側の主張が通ってしまうこともあります。浮気をされた上に慰謝料も受け取れないという事態に陥らないように、一人で悩まず、まずは離婚問題を専門に扱う弁護士に相談しましょう。不倫相手からきっちりと慰謝料を請求する方法をアドバイスしてもらえます。