離婚弁護士で財産分与対策もしっかりと!

離婚の際にトラブルになりやすく、離婚後も何かともめることの多いのが財産分与です。離婚での財産分与とは、夫婦が結婚生活で協力して築いてきた財産を、貢献度などに応じて公平に分配することをいいます。家や預金通帳、車などは夫名義になっていることが多いのですが、どちらの名義になっていても夫婦が協力して得た財産であることに変わりはありません。このため名義に関係なく、財産分与の対象となります。しかし結婚前から持っていた車や、預金、親からもらった土地などは、夫婦で協力して得た財産ではないため、財産分与の対象にはなりません。

財産分与では結婚後に購入した土地や住宅などの不動産、家財道具、自動車、銀行預金や貯蓄型の生命保険、株券などの有価証券、将来受け取る退職金の一部などが対象になることが多く、結婚期間が長いほど、財産分与の金額は増える傾向があります。経済状況や結婚期間などによって財産分与の額は変わりますが、結婚期間が10年未満の場合は、100万円~400万円が相場だといわれています。結婚期間10年以上の相場100万円~2,000万円以上となり、大きな開きが生じてきます。

離婚の際に、慰謝料や子どもの養育費は話し合っても、財産分与のことはあまり話し合わずに別れてしまったという人が多いのが現状です。しかし住宅ローンなどの借金が残っている場合は、借金をどうするかという問題も発生しましす。また、財産分与は貢献度によって金額が変わるといいましたが、この他にも離婚後に生活が苦しくなることが予想される場合は「扶養的財産分与」、精神的な苦痛などの損害に対して支払う「慰謝料的財産分与」と呼ばれる財産分与もあります。

このように財産分与の問題はとても複雑です。素人が判断するのは困難ですから、離婚専門の弁護士に相談をして、財産分与に関する取り決めを交わすことをおすすめします。s