離婚弁護士 性格の不一致で揉めたら

相手の浮気や暴力だけが離婚の原因ではありません。結婚をした後に性格や価値観が合わないことがわかり、愛情が冷めてしまって離婚を考えるというケースも多いものです。相手があまりにも神経質で何事にも口うるさい、宗教が違う、相手の親との関係がうまくいかないなど、性格の不一致にはさまざまな理由があるでしょう。しかし、相手が一方的に悪いとはいえないため離婚の同意が得られない、慰謝料の請求ができないなどの問題が発生し、なかなか別れられないというケースは決して珍しくありません。

離婚の裁判では、性格の不一致が民法770条1項5号に定める「婚姻を継続し難い重大な事由」として認められるかどうかが問題になります。つまり、結婚生活が破綻するほどの性格の不一致があった場合は離婚が認められるのです。

家庭内離婚という言葉もありますが、性格の不一致が原因で口もきかず、食事も別々。同じ家にただ暮らしているという寒々とした関係の場合は、すでに結婚生活が破綻しているといえるでしょう。また、過去の判例では、子どもの教育に関する考え方が夫婦でまったく異なるため、子育てを巡って対立し、夫を見るだけで心臓が痛くなるといった症状が出るほど苦しんだ妻が離婚訴訟を起こし、この訴えが認められたこともあります。最近の判例では結婚生活が破綻し、夫婦関係の修復が不可能と判断された場合は離婚を認める傾向が強くなっています。

性格の不一致で離婚を申し出ても相手が納得しない場合は、離婚専門の弁護士に相談することをおすすめします。裁判までに至らずに離婚に応じてもらえるよう、弁護士が相手に交渉をしてくれます。性格に不一致がある点を、弁護士が整理して客観的に伝えることで、相手も納得しやすくなり、協議離婚できる場合が多いのです。